こんにちは。柳沢駅前接骨院です。

本日は日常の痛みで意外と多いお尻に痛みが出る、坐骨神経痛についてお話したいと思います。

お尻が痛い坐骨神経痛

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛は、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、梨状筋症候群、仙腸関節炎から発生することが多くあります。

これらのケガから坐骨神経が圧迫され、お尻、太もも、ふくらはぎ、足にかけて痺れや痛みなどの症状として出現するものなります。

症状が強くなってくると座っていときや歩いているときに痛みを生じて身体を動かすことが困難になります。

このような坐骨神経痛になってしまったときに行うことは病院や接骨院に受診することが大事になります。そのうち治るだろうと放置していると症状が悪化してしまうこともあります。

臀部周りの筋肉が硬直していたり骨盤の歪みのより坐骨神経を圧迫させてしまい症状が現れてしまうため、治療方法としては臀部周りの筋肉を緩めるように手技療法や過敏に反応している神経を抑えるための電気療法、骨盤の歪みを矯正して症状を軽減させることもあります。

血流も悪くなることにより神経症状は現れてしまうこともありますので、血流の改善をすることも必要になります。

坐骨神経痛にならないために日常生活で気を付けることは

  • 長時間同じ姿勢をしない
  • 適度な運動を心がける
  • ストレッチなどでケアをする

このことに気を付けて下さい。

姿勢を悪くなることにより骨格が歪み神経を圧迫させてしますため、足を組むことや長時間片側のに負担をかけないようにすることが必要になります。

適度な運動ですが、鍛えてあげたい筋肉はインナーマッスルの体幹の筋肉を鍛えてあげるようにしましょう。体を維持する筋肉が弱くなることにより姿勢が悪くなることに繋がります。

ストレッチを行う時は臀部周りと太ももの筋肉をストレッチすると坐骨神経への負担も軽減され血流の改善にもなります。

最後に

まずは、気になる時は病院や接骨院に受診しましょう。

当院でも坐骨神経痛の治療は行っております!

ご来院お待ちしております。