柳沢駅前接骨院スタッフの中山です。

今回は、VDT症候群ってなに?治療方法からセルフメンテナンスについてお伝えしていきます。

VDT症候群

VDT症候群ってなに?

VDT症候群とは、パソコンやテレビ、スマートフォンなどの液晶ディスプレイを使った電子機器を長時間目で見続けることによって起きる「眼性の病気」のことを言います。

別名「IT眼症(アイ・ティーガンショウ))とも呼ばれていて、眼だけでなく身体の方まで悪影響が出ることもある病気です。

VDT症候群の眼の症状は、

・眼精疲労

・かすみ目

・視界がぼやける

・視力の著しい低下

・ドライアイ

・目が痛い

VDT症候群の身体に出る症状は、

・イライラ

・全身の倦怠感

・不安感

・動機、息切れ

・うつ状態

になります。

VDT症候群の治療方法について

VDT症候群の治療方法は、まずは眼科さんを受診するようにしましょう。

現状の眼の状態をあらかじめ把握しておくのが早期回復の近道になります。

VDT症候群のセルフメンテナンスについて

VDT症候群になる原因として多いのが、眼や体に負担をかける様な悪い姿勢です。

VDT症候群のセルフケアメンテナンスとして、眼鏡やコンタクトレンズが今の自分の眼の状態に合っているかどうか?を調べましょう。

悪い姿勢などは接骨院や体の歪み専門の治療院にいって正しい姿勢に戻してもらうようにしましょう。

VDT症候群のセルフメンテナンスなら柳沢駅前接骨院へ

VDT症候群の由来の悪い姿勢を正しい位置へ戻すなら柳沢駅前接骨院へご来院ください。

今のアナタの体の歪み状態をチェックして正しい位置へと戻します。

VDT症候群のお体の痛みもぜひ当院へ一度ご相談ください。