柳沢駅前接骨院スタッフの中山です。
今回は、「立ち仕事の人に起こる症状と治療方法について」をお伝えしていきます。
立ち仕事

立ち仕事の人に起こる身体症状は?

立ち仕事の人に起こる身体症状では主に腰痛や肩こりが多いです。
これは立って仕事をする姿勢が、前傾姿勢(前かがみの姿勢)であるで背中が丸まった猫背になりやすく、そのため腰も丸くなってしまっていることが多いため、立ち仕事の人は肩こりや腰痛といった症状になりやすいです。
肩こりや腰痛症状を長く放置してしまうと、四十肩や五十肩、ぎっくり腰や腰椎椎間板ヘルニアといった大きな症状にもなりやすくなってしまいます。
立ち仕事による体の症状はなるべく早く適切な対処をしたほうがいいです。

立ち仕事の人に起こる身体症状の治療法方法について

立ち仕事で起こる肩こりから腰痛原因の四十肩や五十肩、ぎっくり腰や腰椎椎間板ヘルニアの症状の治療方法として、まずは痛みの出ている筋肉をアイシングすることが大切です。
アイシングは、アイスノンや保冷剤に薄いハンカチかキッチンペーパーを巻いて体の痛い部分を1分から2分冷やすようにしてください。
あとは痛い動きをあまりしないようにする事と症状に対して適切な治療を受けることが大切になります。

立ち仕事の人に起こる身体症状なら柳沢駅前接骨院へご来院ください。!

立ち仕事の人に起こる身体症状なら柳沢駅前接骨院へご来院ください。
柳沢駅前接骨院では、立ち仕事の人に起こる身体症状からセルフケアまでを治療指導いたします。
立ち仕事中の痛みがあれば、痛みを早急に引かせる治療をいたします。
今後、立ち仕事での痛みを出したくないという人には体の姿勢を正しい位置に戻す姿勢矯正をいたします。
姿勢矯正はバキバキボキボキといった骨だけにアプローチするような矯正ではなく、お子さんでもご高齢の方でも安心して痛くなく受けられるストレッチに似た矯正法になっています。
その他、お身体の事でお悩みがあればぜひ柳沢駅前接骨院へご来院ください。
早く体を治したい患者様の来院をスタッフ一同、お待ちしております。