柳沢駅前接骨院スタッフの中山です。

今回は、「交通事故で来院される方の症状とは?治療方法と共に解説」をお伝えしていきます。

交通事故で来院される方の症状

交通事故で来院される方の症状とは?

交通事故で一番多い症状は何といっても「むち打ち症状」です。

車同士で後ろから追突されたりサイドから追突されたりすると、頭が重りになって首の骨が前後左右に振られてしまい首の骨の中を通っている神経が骨同士に挟み込まれてむち打ち特有のしびれ症状や強烈な痛み、めまいなどが出てしまいます。

むち打ちというと首の骨の損傷が一般的ですが、交通事故で損傷した首の骨の位置によっては指先や腕、腰などにしびれや痛みといった症状を訴えることもあります。

交通事故後はその事故の衝撃の凄まじさから全身が興奮状態になっていることが多いです。

その場合、事故直後は身体に全く痛みがない場合があります。

交通事故後、大体3日後か1週間経ってから交通事故の衝撃が痛み症状となって体に現れてきます。

痛みの神経伝達の遅い人だと1ヶ月経ってから交通事故の痛みが出てしまう人もいます。

体に痛みがある内に関わらず、交通事故に遭ったらまずは病院で検査を受けるようにしましょう。

交通事故の治療方法

病院でしっかりとした検査を受けたら、なるべく期間を詰めて交通事故の専門的な治療を受けるようにしましょう。

まず事故後の体というのは痛みの原因になる「炎症症状」が強いです。

そのため最初にやるべき治療として、痛い部分の炎症を引かせるアイシングが必要になります。

身体の一番痛い部分にアイシングをしながら他の部分の筋肉を治療することで間接的に一番痛い部分を治療することが出来ます。

交通事故の症状なら柳沢駅前接骨院へご来院ください。!

交通事故の症状なら柳沢駅前接骨院へご来院ください。

交通事故の症状に特化した治療方法をいたします。

事故の痛みは適切な治療を受けないとダラダラした痛みが消えないまま交通事故の保険を打ち切られてしまいます。

患者さんには当院へ定期的に通院して頂き、あなたの事故症状にあった治療をさせていただきます。