柳沢駅前接骨院スタッフの中山です。

ゴルフスイング

今回は、「ゴルフで起こる痛み。治療方法とセルフメンテナンス」をお伝えしていきます。

ゴルフで起こる身体の痛みは?

ゴルフをやっていて、なんといっても痛めやすいのが腰の筋肉ですよね。

人間の体は、捻られるけど実は「捻り動作に弱い構造」になっています。

足の捻挫や手の骨折なども基本的には、足首が捻られて、手首が捻られてケガをしてしまいます。

ゴルフのスィングは思いっきり腰の筋肉の捻りですので、頻回にスィングしまくるとある時突然に「あいてててっ!」と腰の痛みを訴えるようになってしまいます。

ゴルフスイングで腰が痛くなってしまった時の治療法

ゴルフスイングで腰が痛くなってしまった場合、まずは腰回りをアイスノンなどで冷やすアイシング治療をします。

まずは腰の筋肉の熱を取ったあとで腰の筋肉の関連する部分を治療していきます。

腰の筋肉に関連する部分としてメインになってくるのは骨盤です。

頻回なゴルフスイングによって左右の骨盤の骨が前後左右に歪んでしまっていることが多いです。

骨盤の歪みを正しい位置に整えることによって、腰の痛みが緩和していきます。

ゴルフスイングで腰が痛くなってしまった時のセルフメンテナンスについて

ゴルフスィングで腰が痛くなってしまった時のセルフメンテナンスは治療方法と同様にまずは腰の筋肉をアイシングして冷やすようにしましょう。

腰に巻くコルセットなどがあれば、コルセットで腰の筋から骨盤を固定するのも有効なセルフケアになります。

ゴルフで腰を痛めてしまった場合の一番のセルフケアメンテナンスとしては、安静が何よりも大事になりますので、なるべくできる範囲で身体を動かさない様にしましょう。

ゴルフで起こる身体の痛みの治療からセルフメンテナンスなら柳沢駅前接骨院へご来院ください。!

ゴルフで起こる身体の痛みの治療からセルフメンテナンスなら柳沢駅前接骨院へご来院ください。

ゴルフスイングで歪んでしまった骨盤のズレを正しい位置に調整いたします。

またゴルフで飛距離を伸ばすために大切な「体幹」のトレーニングも承っておりますので、ゴルフを一生懸命楽しみたい方は当院へ一度ご相談ください。