こんにちは。秋津駅前接骨院です。

今日は、交通事故についてお話ししたいと思います。

交通事故

交通事故のような突発的なアクシデントにあってしまった場合、多くの人は慌てたり、混乱する事と思いますが、まずは落ち着いて行動することが大事になります。

一呼吸して気持ちにゆとりができたら次の事を行いましょう。

交通事故に遭った後の流れについて

①警察に届けを出す

加害者からの通報は義務になりますが、被害者から届出る事も必要です。

特にケガを負った場合は「人身扱い」の届出が必要です。

②相手を確認する

加害者の住所・氏名・連絡先・加入している自賠責保険や自動車保険の会社や証明書番号の他に業務中の場合は勤務先と雇主の住所・名称・連絡先も確認しましょう。

③目撃者の確保

相手とトラブルになった際に効果があるので、証言のメモを取り、名前や連絡先を聞いておきましょう。

④状況の記録を取る

事故直後の記憶が鮮明なうちに現場の見取り図や事故の経過、写真等の記録を残しておくと役に立ちます。

⑤病院で医師の診断書を貰う

目立った外傷が無くてその場では軽傷だと思っても、むち打ち症であったり脳内出血や骨折を起こしている可能性もあります。診断を受け、障害を負っていると言われた場合は診断書をもらいましょう。

⑥交通事故証明書の交付を受ける

受傷したことが診断された場合は「物損事故」から「人身事故」に切り替えてもらうよう警察署に行き事故証明書の種別を人身事故にしてもらって下さい。

むち打ち症状の治療

むち打ち症は主に自動車の追突等により首が瞬間的にしなる事によって起こる症状を総称したもので、正式には「頸椎捻挫」「頸椎損傷」「外傷性頚部症候群」等と言われます。

特徴の一つとしては事故直後に痛みや不調を感じないという事が挙げられ、場合によっては数か月経ってから痛みを訴える事もあります。

又、事故直後は興奮状態にある為痛みを感じる感覚がマヒしている場合もあります。

治療としては他の捻挫と同様に、まずは冷やす事と安静にして動かさない事が重要で、初期の炎症症状を一刻も早く抑え、痛みを緩和させるようにしていきます。

炎症が治まったら固まった首の筋肉をほぐし、動きを回復させて元の状態に戻していきます。

基本的には自然治癒を期待することもできる疾患では有りますが、安静にする機関が長すぎたり、動かすのが早かったりすると逆に症状が遷延したり、炎症が再発したりしてしまう為、症状や状態に合わせた正しい処置が大切になります。

通常の治療で治らない場合、低髄液圧症候群(脳脊髄液減少症)と言う疾患も疑われます。

これは脳から脊髄の中に流れている髄液が漏れてしまい、それによっていろいろな症状が続くものです。

この場合は脳神経外科や神経内科での治療になります。

保険請求(自賠責と任意保険)について

交通事故の負傷の施術費用は自賠責保険と任意保険で賄われますので、本人の負担はありません。

人身傷害では自賠責が優先的(治療費・交通費・慰謝料の合計額120万円まで)に支払われます。

120万円を超える部分は任意保険の範囲となります。

通院に関しての交通費は賠償されますので、領収書は保管しておいてください。

自賠責の場合、加害者から受けた精神的・肉体的・時間的苦痛に対しての保障として1通院に対して4200円の慰謝料が発生します。

休業補償としては、原則として1日につき5700円(これ以上の収入減の証明があれば、1日19000円を限度として)支払われます。

常勤の給与所得者兼主婦の場合は、計算した日額と5700円の高い方になります。

最後に

むち打ちの治療では最初に診断を受けた病院に通院しなくてはいけないと思われていますが、レントゲンを撮って「異常なし」と言われ満足のいく治療を受けられない場合もあるようです。

転院には保険会社の担当の許可や紹介状等の書類も必要ありません。

自分に合った治療を受けられ、一日でも早い完治を目指せるところを見付けましょう。