こんにちは。柳沢駅前接骨院です。

この頃、寒さがさらに増してきて運動時に怪我が起こりやすい時期になりましたね。

運動をするときは十分に準備運動を行いましょう。

今回は野球で起きやすい怪我に関してお話ししたいと思います。

野球というサッカーやバスケなどの常に身体を動かしているスポーツではなく瞬時に筋肉を動かします。

接触プレーでの怪我は少ないですが動作時での怪我が多いです。

そんな野球で怪我を起こしやすい部位と病名を紹介していきます。

野球で起こるスポーツ障害

野球肘

成長途中である子供に起こりやすく投手などボールを投げることが多い方に起こりやすいです。

肘関節の骨や軟骨、靭帯に負担がかかり繰り返し投げることにより症状が悪化します。

治療は前腕部の筋肉を緩めたり、電気で損傷部位の組織を回復させていきます。

一番は投球動作を中止することが治りが速いため、できるだけ投球動作は控えましょう。

痛みを再発させないために投球フォームを改善することも大事になります。

野球肩

肩関節に存在する腱や靭帯、筋肉などが挟まれて痛みがでる関節唇損傷、成長期の子供に起こり投球動作時に軟骨を損傷する上腕骨骨端線障害、回旋腱板を痛めるインピンジメント症候群などがあります。

中でも、インピンジメント症候群は腱板と呼ばれる肩関節の安定性を保つ部分になり投球動作などの繰り返しに使うことで症状を悪化させてしまいます。症状がひどい場合はボールを投げるたびに激痛が走り肩関節に一時的に力が入らなくなります。

治療法は投球動作後であればアイシングをします。超音波治療器や電気治療器で関節付近の損傷部位の治癒力を促進させていきます。野球肩も投球動作の中止をすることにより治りは早くなります。再発防止のためフォームの改善をお勧めします。

腰痛

野球での動作は屈んだり、捻ったりする動きが多いため腰には負担が大きくかかります。場合によってはヘルニアになることもあります。

腰の予防をするには腰周りの筋肉を緩めるためストレッチをするのと、腰椎、骨盤の歪みを矯正することで痛みの軽減になります。

一番は体幹トレーニングをして体の軸を作ることにより、野球でのパフォーマンスも向上し腰痛の予防にもなります。

最後に

野球でのお怪我で悩んでいる方がいましたら当院でも治療を行えますのでお気軽にご来院ください。

お待ちしております。