こんにちは!
あきつ駅前接骨院です。

今回の記事では「立ち仕事の人が起こる症状と治療法について」をお伝えします。

本記事を読むことで東洋医学に基づいた「立ち仕事の人が起こる症状」と「立ち仕事の人が起こる症状についての治療法」を理解して頂くことが出来ます。

立ち仕事の人が起こる症状は?

立ち仕事の人が起こる症状で一番多いのが「腰痛」です。

立ち仕事では中腰になることが多いですよね。

骨盤以下、下半身が地面に固定された状態で上半身は、下半身よりも前にある状態での作業をしなければなりません。

そのため簡単にいうと「上半身の重み」と「重力」が骨盤から下半身にかけて負担が掛かってしまうのです。

また仕事以外でのプライベートの時間でも、家事や育児などで立ち仕事を強制される場面が多いですよね。

それも長時間の立ち仕事の方は、腰痛症状になってしまうことが多いのです。

立ち仕事の人が起こる症状についての治療法

立ち仕事の人に多い腰痛症状を治療するなら、立っている状態で一番負担が掛かっている骨盤を施術していきます。

骨盤の治療では、左右の骨盤のズレと骨盤周りの筋を中心に足の先の筋肉までをしっかり改善することです。

骨盤の骨のレールが正しい位置に戻ることで、筋肉の負担も変わってきまし、同時に筋肉を緩めることで、骨盤が正しい位置にキープしやすくなります。

もし立ち仕事で身体が痛くなってしまったら

もし立ち仕事で身体が痛くなってしまったら、当院へ一度ご相談ください。

問診票をご記入いただき、カウンセリングをしながら患者様の既往歴や現在の状態を判断し、

  • どの程度の身体の痛みレベルのなのか?
  • その身体の痛みに対してどういった治療をするのか?
  • どういった治療の流れなのか?
  • 身体の痛みの症状緩和までにどのくらいの期間が必要なのか?

を患者様の通院ペースと相談しながらより良い治療プランを提案いたします。