こんにちは!
あきつ駅前接骨院の船木です!

今回は肩こりと腕のしびれの関連性、症状の説明と治療方法について書いていきたいと思います!

肩こりの原因とは?

はじめに肩こりが起こる原因について説明します。加齢によって椎骨という首の骨にあたる部分が変形してしまったり、姿勢が悪くなってしまったりして首に負担がかかることで起こります。

加齢はもちろんですが、それ以外にもパソコンでの作業やスマートフォンの見過ぎなどがあげられます。

パソコンやスマートフォンの見過ぎによって、首が前に突き出るような形になってしまうのがストレートネックです。

頚椎(首の骨)は本来、前弯といい前に向かって緩やかなカーブを描いており、このカーブのおかげで思い頭を支えています。

ですが、ストレートネックの場合この前弯がなくなり頚椎が真っ直ぐになってしまいます。そうなると頭を斜め上で支えなくてはならなくなり、首への負担が一気にかかってしまいます。

人の頭の重さは約5kgと言われていますが、うつむくとその約3倍もの負荷が首にかかります。

首や肩のこりは長時間、毎日繰り返しスマートフォンやパソコンを見ていることで負担が積み重なることで重症化してしまいます。

なぜしびれの症状が起こるのか?

次にしびれとの関係性です。一般的な身体からのサインとして「痛み」が起こります。

ですが「しびれ」が起きてしまった場合、これは重症化しているというサインになりますので、すぐに治療することをお勧めします。

しびれが起こる原因としてあげられるのが神経の圧迫です。先ほど説明した通り肩こりの原因として頚椎の変形が関係しています。

脊髄から枝分かれしている神経が、頚椎の変形によって圧迫されてしまいしびれが引き起こされます。

しびれの症状ととして脱力感や、片方の腕がしびれるといったことが起こります。これが頚椎症、頚椎症神経根症と言われています。

この症状と似ているのが頚椎椎間板ヘルニアです。椎骨と言われる骨の間の椎間板が、外に飛び出してしまい神経を圧迫することで発症します。

しびれを軽くするための治療法

最後に治療方法です。治療方法としてあげられることはまず筋肉を緩めることです。筋肉が固まってしまうと骨が引っ張られてしまい変形が起こる原因に繋がってしまいます。

ですので、筋肉を緩めることで骨を元の位置に戻すことで神経への圧迫を無くすことができます‘。筋肉は表面の筋肉と身体の深くにある筋肉に分けられます。

手技ではこの表面の筋肉しか緩めることができません。そこでHV(ハイボルテージ)といわれる治療器具を使います。

こちらは手技では緩めることができない身体の深くにある筋肉に、ピンポイントで電気を流す事で筋肉を緩めることができます。

さらには酸素オイルというものがあります。こちらは塗るだけで筋肉を緩めることができ、誰でも簡単に使用することができます。自宅などで、ご自身でケアをすることができます。

筋肉を緩めるには酸素が必要になります。ですので、酸素を含んでいるオイルを気になる部分に塗るだけで筋肉に酸素が浸透し、緩めることができます。

このような症状でお困りの方は是非一度、当院にいらしてください!

2020年5月末まで『免疫向上施術プログラム(無料)』を実施しております。

免疫力向上施術プログラム
外出自粛要請により在宅時間の増加・テレワークなど、運動不足・座りっぱなしの姿勢が招く全身の血流循環の悪化は、免疫力の低下を招きます。
この免疫力向上施術プログラムは、ストレッチによる身体全体の代謝向上に加え、特殊な電気を用いた自律神経調整で免疫力向上を図るものです。

ご来院頂きました皆様に5月30日まで利用できる本プログラムのフリーパスをお配りしております。
期間中、何回でも有効です。
※保険診療分は通常通り頂きます。ご了承ください※

当プログラムは、こんなシチュエーションに効果的!

  • 在宅時間の増加による運動不足
  • 座りっぱなし業務&テレワーク等による全身の血流循環の悪化
  • ストレスによる不眠・不調