こんにちは!
あきつ駅前接骨院の細目泰羽です。

本日は自転車と自転車の交通事故についてお話ししたいと思います。

自動車と自動車の事故はよく聞くと思うのですが、自転車と自転車の事故も少なくはありません。

自転車同士の事故の場合の過失割合について

もし、自転車と自転車の事故にあってしまった場合の過失割合は、自転車は公道上では車両としての扱いを受ける為、どちらが優先ということはなく優先道路を走っていたのはどちらか、一時停止等の規制があったかどうか、速度超過等の違反があったかどうかなどで、自動車同士の過失割合とほぼ同じような考え方で判断されます。

自転車保険には必ず入っておきましょう!

近年、自転車の事故が増えてきている為、自転車を購入する際は保険に入ることを勧められると思います。その保険は、強制加入の保険ではなくて任意保険となります。今まで購入されていた方は入ってない方や、購入される方でも入らない方が多いのが現状です。

もしも、自転車と歩行者の事故が起きてしまった場合、自転車を運転してた方に多額な損害賠償を請求されます。

ですから、自転車を良く乗る方は任意保険に加入することをオススメします。

自転車の事故の際に利用できる保険は、自転車事故専用のものだけでなく、自動車の任意保険や火災保険、クレジットカード付帯保険等に自転車事故の場合に利用できる特約を付加することができる場合も多いです。

一度、ご自身が加入されている保険に特約として付加できるかどうかを確認してみましょう。

自転車の任意保険の加入が義務付けられている県が増えてきている為、今後その他の都道府県にも加入の義務付けの動きが見られるようになってきます。

事故後の治療について

次に治療についてです。まず、被害者は事故発生地の所轄の警察署へ診断書を提出する必要があります。これは自動車の事故と同じとなります。

治療するにあたってルールがあります。自動車の事故と異なるのが、被害者であっても患者さん自身が医療機関に診療料を払う必要があります。これを、任意一括払いと言います。

まずは、払っていただいてあとから患者さん自身が保険会社さんに請求するというシステムになってます。

自転車と自転車の事故も今は少なくありません。正しい知識を持って、正しい対応をしていきましょう。