こんにちは!
あきつ駅前接骨院の竹田です。

本日は、交通事故を起こされたかたにどのような症状が出やすく、どのような治療法で治療を進めていくかを解説させていただきます。

起こりやすい症状

・むち打ち症

衝突の際に身体は前方へ振られてしまい、シートベルトでストッパーがかかった衝撃で頭部だけ後ろに振られてしまいます。

そのため、体幹と頚部がちぐはぐな方向に大きな力がかかることになります。

過度に伸ばされた筋肉は、切れてしまうのを防ぐためにギュッと収縮します。

収縮しっぱなしになった筋肉は、伸縮の幅が少なくなり本来のパワーを出すことができなくなります。

そこで、収縮した筋肉が神経や血管を圧迫し頭痛やめまい、吐き気が起こるなどの症状を引き起こします。

肩回りの凝り感やだるさ、脱力感なども起こり得ます。

・シートベルト損傷

シートベルトが身体に食い込み、圧迫を受けることによって体幹部の骨(鎖骨や肋骨、脊椎など)が損傷したり、介達外力により内臓に損傷が起こります。

軽度の症状であれば、外傷に関しては接骨院での治療も可能ですが、内臓損傷を併発している場合、もしくはその疑いや、正確に判断ができない場合には病院にて精密な検査を受け、ドクターの指示に従います。

症状によっては命にかかわるものもありますので、早急に検査を受けるようにしましょう。

治療法について

・step1

まずは痛みを止めるところからです。先ほども書きましたが、極端に収縮してしまった筋肉を弛緩させ、血流を改善させるようにします。炎症症状がある場合はそれが収まるまではそちらの修復を最優先します。

・step2

筋肉の伸張性を戻し、関節可動域を広げていきます。関節が動かなくなってしまうと痛みを助長してしまいます。
急激に可動域を広げようとすると、反動で痛くなってしまうことがありますので慎重に行っていきます。

・step3

筋出力の低下が起こっているので、それを改善させます。ハイボルテージやEMS、運動療法を用いて修正を加えていきます。ここまでくれば治療の最終段階といってもいいでしょう。

交通事故は様々な症状が起こり得ます。早めの相談と治療を心がけましょう!